1品目 築地都水産 干物セット

はじめまして!

10月も末となり、とうとう肌寒い季節がやってきましたね。

緊急事態宣言も明け、少しづつ街が動いてきた感じもありますが、わたしはもっぱら家でだらだらとつまみながら飲む時間がとても好きです。

30代になり、美味しいものもいろいろと食べてきて、お酒もますます飲めるようになりました。

ここではそんなわたしがお酒と、お酒に合うおつまみについてだらだら話したいと思いますので、お付き合いしていただけたら嬉しいです。

さて、なかなか外に飲みに行きにくいこの頃ですが、家飲みは家飲みで良いところもたくさんあります。

周りの目も気にならないし、好きな映画やテレビ、動画などを見ながら飲めるところもいい。そして何より帰りの電車のことを気にしないで飲めるのが最高です。

わたしは家の中(というよりほぼ布団の中)で一人で過ごすことが好きなので、一人飲み(家飲み)全然平気派ですが、お友だちや家族とおしゃべりしながら飲みたい!っていう方はやっぱり寂しいですよね。。

いつになったら外でゆっくり飲めるのでしょうか。。

ただせっかく家で飲むなら美味しいおつまみをお供に充実したお酒ライフを楽しみたいですね!

というわけで今回は肌寒い夜に合う「日本酒」を楽しみながらそれに合うおつまみをご紹介します。

ここ最近は少し冷えてきたので、日本酒を温めて味わいたいと思います。

温度は、人肌程度。人肌燗とも言われるこの温度の日本酒は、香りはもちろんやさしい味わいが楽しめるちょうどいい温かさになっています。

日本酒特有の甘味も感じられるのでとっても飲みやすいですよ!

温め方は湯せんでも電子レンジでもOK。

おうちで簡単に作れちゃいます。

雰囲気も合うようにとっくりとおちょこで飲みたいところですが、家にはおちょこより一回り大きめのぐい呑みしかありませんでした。

ぐいぐい呑めるからぐい呑み。

趣はちょっとなくなっちゃうけど、味に変わりはないですよね。

もちろん熱燗や冷えた日本酒も美味しいですが、お米の風味も楽しめる人肌燗はどんなおつまみにも合います。

というのも私が猫舌なので、熱いものが口にできません…。

冬の寒い日なら、熱くてもすぐに冷めてくるので大丈夫なんですけどね!(だから結局飲むときは人肌になっちゃう)

さて、そんな日本酒と併せて楽しむ今夜のおかずは、当店おすすめの旬のおさかなが詰まった干物セットから。

4種類のおさかな(関サバ・のどぐろ・キンメダイ・あじ)がセットになっていて、おつまみとしても十分なラインナップです。

まずは、その中から山口県産ののどぐろをチョイスしました。

山口県産ののどぐろは、秋が旬のようなので今の時期がおすすめ。まぁこちらは干物なので、旬とか関係あるのか分からないけど。

こののどぐろ、けっこうボリュームがあったので、1枚だけでもじゅうぶんに満たされそうです。

干物は普通に食べるよりも、栄養素がぎゅっと凝縮されるそうですね。

うまみもぎゅっとされていて、嚙むたびにのどぐろの風味が味わえます。

焼きたてのおさかなと、あたためた日本酒は相性ぴったりです。

ちなみに干物を焼くのはとても簡単で、

熱したフライパンにクッキングシートをのせて、皮を下にして焼き始めます。

皮に焦げ目がついて、身が白くなってきたら裏返します。

そして身の方に焼き目がついたらできあがり。

後片付けまで含めて、この方法が一番簡単かと思います。

焼きあがったおさかなをちょびちょびと食べながら、好きな動画を見てストレス解消。

なんと至福な時間なんでしょうか。

今週はちょっと忙しかったので、だらだらゆっくりつまみながらお酒を楽しみます。

お酒がすすむとお箸もすすむ。結局他のおさかなも追加して食べてしまいました。

さて、明日はなにを食べようかな♬