新連載 フルーツde美薬膳 

はじめまして。

食医で、地球人的薬膳研究所主宰の、小池美枝です。

中医学(中国伝統医学)に基づく、薬膳をお伝えしたり、薬膳料理を学んでいただいたり、療養される方のお食事をおつくりしたりしてきました。

 

「薬膳」というと皆様どのようなイメージをお持ちですか?

難しそう、おいしくないかも、がまんしないといけない・・・あとは中華料理??

世の中に根付いているイメージが先行してしまっているように感じます。

実際は、食べるものに関して「~ねばならない」が一切ないのが薬膳であり、

一人一人の個性を尊重しているのが薬膳。とても自由です。

本来の薬膳は、食べると、笑うことができるおいしい料理です。

食べると笑う。これはおいしいだけでなく、ココロが健やかでないと叶いません。

本当の薬膳はそれができるのです。

今回は、「素敵に、マルシェ。」でご紹介している中のおいしい食材から

フルーツに着目しました。

 

フルーツは、薬膳的な効能も様々だし、デザートや食後だけのものではなく、お料理にも

活躍できる食材です。彩りも鮮やか、香りもよく、食べておいしい。気持ちもあがりますよね。わたしのお伝えしたい薬膳は、五感と右脳をつかってココロをととのえる

食べ方のご提案です。もちろんおいしい。

そんな自由な薬膳を、フルーツをつかってお伝えしていきます。

 

 

フルーツ de美薬膳

今年は、薬膳でもっと素敵にきれいになりませんか? 

 

 

 

フルーツ de美薬膳

 

薬膳の陰陽五行に沿った、身体の箇所をその箇所に働きかける

フルーツで素敵にしていきましょう。

さあ! どこから素敵にしていきましょうか?

 

◇瞳を素敵に・・・目の疲れをとり、いつもきらきらした目元に。瞳美人

ストレスや、イライラと目の疲れは関係が深いです。目を酷使している人にも食べてほしいお料理

 

◇肌を素敵に・・・肌の内側から輝くような潤いのある肌に。肌美人

肌と、肺はつながっています。

肺に潤いを与え、巡りをよくしておくと肌は内側から透明感がでてきます。

 

◇髪を素敵に・・・つややかで、パサつきのない髪に。髪美人

年齢問わず、グレーヘアでも、つややかな髪は、一段明るく、その人を生き生きとみせます。

そんな方に食べてほしいお料理

 

◇腸を素敵に・・・いつもすっきり、冷えもない健やかな腸活。腸美人

きちんと食べて、きちんと出す。健康の一番大切なポイントです。

また便秘には、いろいろな種類があるのを知っていますか?

種類別のお料理をご紹介します

 

◇心を素敵に・・・心がいつも自分のところにあるように、穏やかに。心美人

心ここにあらず。そんなことがないように。

いつも心は自分のところにあるためのお料理です。

よく眠れるようになりますよ

 

 

今回は初回ということで、「フルーツ de美薬膳」のあらましをご案内しました。次回からはフルーツを使った美薬膳メニューを具体的にレシピもあわせてご紹介します。お楽しみに♪