第4膳 メロンと白木耳の冷たい杏仁スープ ハモンセラーノ(生ハム)のグリッシーニ添え<肌美人>

 

暑い季節になると、イタリアンレストランで生ハムメロンというメニューを

よく目にしませんか? アンティパスト(前菜)として、スプマンテによく合いますね。

今回は、生ハムメロンを薬膳料理に仕立ててみました。

 

メロンと、白木耳を杏仁豆腐でおなじみの杏仁のスープの具として、

ハモンセラーノ(生ハム)をグリッシーニに巻いて添えました。

とろんとした冷たい杏仁のスープに、甘いメロンと、プルプルの白木耳の

喉越しのよさは、暑い夏の食欲のないときにもぴったり。

メロンの薬膳的な効能は、清熱、解暑、生津、利水、通三焦。

身体の中の熱を冷まし、夏の暑さも冷まします。

同時に、身体の中に潤いを与えながら、余分な水分はきれいに排出する働きがあるので、

夏バテ防止にもたくさん召し上がってほしいフルーツです。

白木耳も身体の中に潤いを与え、お肌の渇きを防ぎます。

 

杏仁は、あんずの種の仁。生薬としても使われ、肺を潤し、咳を鎮めて

腸の働きもよくして便秘を防ぐ効果もあります。

本格的な杏仁スープや、杏仁豆腐は、苦杏仁と、甜杏仁という2種類の杏仁を

使って作るのですが、今回は、スーパーなどでもよくみかける

杏仁霜(顆粒になっているもの)をつかいます。

 

👇

白木耳は、これくらいふんわりするまで、水で戻してくださいね。

 

ちょっと中医学の専門的な話になりますが、肺と大腸は、お互い関係の深い臓腑で、

さらに肺と大腸は、お肌にも関係しています。

すなわち、肺と大腸を潤すと、お肌も潤う。

そう、「肌美人」になるお料理です。

 

メロンが身体の熱を冷まし、白木耳と、杏仁が肌に潤いを与えてくれます。

生ハムは豚肉でできていますから、身体に潤いを与えて、気を補う豚肉は

つやのある元気な肌のお助けにもなってくれます。

これから日差しも強くなってきますから、日焼けによる乾燥などにもよく、

おいしく食べて、お肌の内側からプルプルにしていきましょう。

 

 

 

<材料 4人分>
・メロン 1/2個
・杏仁霜 大さじ2
・牛乳 400cc
・水 200㏄
・白木耳 15g(乾燥の状態で)
・氷砂糖 40g
・ハモンセラーノ 8枚
・グリッシーニ 4本

  ⇒⇒ 当サイトで、お求めいただける材料はこちらから⇒⇒ 

 

<作り方>

  1. 白木耳は、たっぷりの水で戻しておく。
  2. 鍋に水200ccと氷砂糖をいれ、火にかける。

氷砂糖が溶けたら、ふんわり戻った白木耳を細かく刻んで、一緒に煮る。30分くらい弱火でコトコトと、とろとろになるくらい 白木耳が柔らかくなるまで煮る。(その方がおいしいです)

  1. ボウルに杏仁霜と牛乳をいれ、よくかき混ぜる。
  2. 2の鍋に、3をいれ、完全に杏仁が溶けるまで混ぜたら

火からおろし、氷水のはいったボウルに鍋をあてて粗熱をとり、1時間くらい冷蔵庫で冷やす。

  1. メロンは種をとり、食べやすい大きさに切る。(丸くくりぬくとかわいいです)
  2. 器に、冷たい杏仁スープをいれ、メロンを添える。
  3. グリッシーニに、薄くスライスしたハモンセラーノを巻きつける

 

 杏仁スープのほのかな甘さと、ハモンセラーノの塩気の

 マリアージュがなんともおいしいです。

 スプマンテや、スパークリングワインと合わせて

 休日のブランチにいかがですか?

美薬膳の第4膳「メロンと白木耳の冷たい杏仁スープ ハモンセラーノ(生ハム)のグリッシーニ添え」はいかがでしたか? ハモンセラーノは当サイトでも大人気商品のひとつです。ぜひご自宅でも、レストランで味わうような生ハムメロンをつくってみてはいかが?

 ⇒⇒ 当サイトで、お求めいただける材料はこちらから⇒⇒