尾崎牛 カレー用スネ肉1㎏

尾崎牛 カレー用スネ肉1㎏

通常価格 ¥3,240
/
消費税込 送料はチェックアウト時に計算されます。

※到着日のご指定はできませんので、予めご了承くださいませ。

※写真はイメージです。

ご家庭で尾崎牛カレーを作りませんか?

多数、リクエストが頂いていたカレー用の尾崎牛です。ゼラチン質のスジもついたスネ肉は煮込む事によってとろける柔らかさになり旨みがカレーに深みを与えます。やや大ぶりにカットしてありますので、お肉の旨みを噛みしめてください。

※商品は傷みの無いよう急速冷凍をかけ発送します。
※冷蔵庫で約1日間ゆっくりと解凍してください。

尾崎牛とは、

宮崎県産の黒毛和牛は尾崎宗春さんが30年以上かけて、試行錯誤の末に辿り着いた餌の配合と飼育方法で育てられた牛肉です。さらりとした脂と旨味のあふれる赤身が特徴です。ニューヨークの一流レストランを始め、エアフランスのファーストクラスのメインディッシュに選ばれるなど、世界中のトップシェフが注目するお肉です。

尾崎宗春さんがアメリカで畜産の勉強を終え、帰国し思ったのが、アメリカでは1万7000頭の牧場で最先端といえる肉牛生産技術を勉強したのですが、早く太らせ早く出荷する肉牛生産工場での大量生産をしていました。

帰国する飛行機の中で、どうせ牛肉作りにかかわるなら、自分の食べたい牛肉、家族、友人に安心して食べてもらえる牛肉作りをしようと思い、すぐに父の牧場を継ぎ約100頭の肥育から始めました。何パターンもの飼料配合をくりかえして牛肉を作り、味見をしながらやってきました。

1, 牛にストレスをかけない

2, 飼料を与える時間を一定にする

3, 牛をよく寝かせる

最近やっと自信のもてる脂の味になってきました。牛の数も1000頭になり、広く家庭用に販売できるようになりました。 自分の食べる牛肉を作る、次に家族、社員、そして友人、最後に消費者の方々に食べてもらうという想いで牛作りをしています。自分が感動していないのに、人を感動させる事はできません。

4, 畜舎内の清掃は午前中にすませる

5, 自分の育てた牛肉を食べる

毎日食べてもしつこくなく、次の日もまた食べたくなるような牛肉を目指してやってきました。 尾崎牛の特徴は脂がくどくなくあっさりしています。シャブシャブをしてもアクが出ません。 父の代より35年かけて作りあげた自慢の尾崎牛をご賞味下さい。何かうれしい事があった時、楽しい事があった時にご家庭で食べて頂ければ本望です。

【尾崎牛】赤身の旨みと口どけの良い脂が味わえる、月に30頭しか出荷されない幻の牛肉

一般的に牛が出荷される生後28ヶ月よりも長く、32か月以上育てられています。長期肥育によって脂の質が変化し、融点が低くサラッとしており、霜降りでもくどくない、毎日食べても飽きない肉です。
肉にこだわりを持つ有名店のシェフ等も注目する牛肉です。

  • 内容/付属品:尾崎牛 スネ肉1㎏
  • 素材/原材料:牛肉
  • 賞味期限:パッケージに記載(約30日)
  • 保存方法:冷凍
  • 加工地:東京都
  • 原産地:宮崎県宮崎市